保育士の職場について知ろう

子どもの発達と自立を援助する

子どもの発達はそれぞれ違いますので、発達に応じた保育が必要となります。
中でも、子どもと保育士の関わりは、子どもの発達の中核といえます。
子どもの年齢が低ければ低いほど、子どもにとって受容的な大人の存在はかけがえのないものですよね。
保育士は、保護者と子どもの人間関係が愛情豊かな関係でいられるようにサポートするとともに、保育士自身も子どもにとって信頼のおける存在になれるように、日頃から信頼を深めていくようにしないといけませんね。
そのために、いろいろな知識や技術を身に付けることも大事だけど、子どもに好かれる人間豊かな保育士になることが必要です。