保育士の職場について知ろう

第一号は子守学校

ところで、保育所の一号でいつごろからあったのでしょうか。
いろいろと調べてみると、それは歴史があることがわかりました。
今の保育所に一番近いものが、明治23年に新潟にあった託児所だと言われているそうです。
この託児所では、学校を経営していた夫婦が、子守をしながらではなくては学校に来ることができない子ども達を対象に始めて、その後、子守学校として各地に広がったそうです。

明治時代の託児所とは (465文字)

明治時代になると資本主義が導入されて、工場労働者が都市に集中し始めました。
工場の女子労働者のために、託児施設ができたそうです。
しかし、その実情はかなりひどいものだったそうです。
スラム街に放置される子どもをみかねて、その後、東京で双葉幼稚園(野口幽香開設)、大阪で愛染橋保育所(石井十次開設)が開かれました。
横浜には、アメリカ宣教師が児童保護施設を解説しています。
また、幼稚園の創始者であるフレーベルの思想が日本に広く普及して、その後の保育に大きく影響を及ぼしました。

 

日露戦争が始まると、軍人遺家族のために戦時託児所が設置されました。
また、国は戦争による農村の人手不足を助けるために、農村では農繁期の農家の子どもを対象に農村季節託児が普及し始めました。
しかし、都市化が進み、労働者の貧困問題が深刻になり、大正7年に米騒動が起きて全国に広がったときに、救貧対策、治安対策として、公立の保育所が大阪・京都・東京に開設させました。
しかし、国からの助成金は少なく、この対策に関して、国はかなり消極的だったといえますね。

戦後の託児施設

幼稚園令が制定されたのは、大正15年だそうです。
しかし、貧困家庭の子どもを対象とした託児所は、世間からの強い要望があったにもかかわらず、結局は第二次世界大戦後の児童福祉法成立まで法的には叶いませんでした。

 

保育所以外の児童福祉も、保育所と同じように最初は民間の人の手で作られたそうです。
障害児の中でももっとも数の多い知的障害児のための施設も、クリスチャンだった人の手で作られました。
それが明治末に作られた滝乃川学園です。その他、福田会育児院(仏教)や岡山孤児院などがあります。
また、非行少年施設として感化院、視覚障害児のための訓盲院も明治時代につくられたそうです。

 

いずれにしても、児童福祉施設は民間人の手で作られ、全国に広がったのですね。
きっと、当時はお金もあまりなかったと思いますので、保育士の待遇はかなり厳しいものがあったかと思いますが、多くの保育士は、それに屈せず、その使命感に燃えていたようです。